ON THE ROAD 20080827.gif

を いつも見てくださってる方、コメントくださってる方、
ポチッ♪と応援してくださってる方、本当にありがとうデス☆
とても励みになっています(*^▽^*)/
by くるくるポンタ

2008/10/12 Sun

京都 日帰り旅行<三十三間堂>

国宝 三十三間堂

長寛2年(1164年) 後白河院勅願により建立され、たくさんの木像が安置されてる。
20081012-sanjyuusan-1.jpg



本堂正面
20081012-sanjyuusan-2.jpg

国宝 千手観音坐像
玉眼入り寄木造漆箔丈六(像高335cmの本尊像)の大像、堂内中央に安置する。

国宝 風神・雷神像
入ってすぐのところに雷神像 反対側に風神像、堂内左右端に安置する。

国宝 二十八部衆立像
中尊四隅を囲み立つ四天王を除いては 千体千手観音像の手前に横1列に立つ。

重要文化財 千手観音立像
本尊の左右の階段状の仏壇に各10段50列 本尊の背後に1体、
計1,001体(像高166〜167cm前後)が並ぶ。



『通し矢』 射場

始まりは伝説的で不明だが 桃山時代には 既に行われてたと伝えられる『通し矢』。

江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で
矢を射る『通し矢』の舞台となった。

その伝統に因み 毎年 正月(15日に近い日曜日)には、
本堂西側の射程60mの特設射場で 弓道をたしなむ女性新成人参加者が
振袖袴姿で矢を射る『三十三間堂大的全国大会』が行われる。
20081012-sanjyuusan-3.jpg



自分のペースで歩かれへんくらい人が多くて ゆっくり見られへんかったけど、
全て顔の違う千手観音立像は圧巻やった (^^)/

16時過ぎ 京阪本線 七条駅から大阪へ。

感動と驚きがイッパイの京都、また 行きたいなぁ (*^▽^*)



ポチッとして頂けたら メッチャ嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
posted by くるくるポンタ at 23:45 | 大阪 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | * 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立派なお寺・・すごいなぁ(p_-)
Posted by 永遠の恋人 at 2008/10/15 00:29
永遠の恋人さん

この日 行った所の中では
絶対 また来た〜い!
って思った場所なんですよ(^^)

たくさんの仏像の素晴らしさを
文章では伝える事が出来へんけど、
↓良かったら見てみてね(^^)
http://sanjusangendo.jp/
Posted by くるくるポンタ at 2008/10/15 01:46
風神や雷神の顔は怖いけど、悪者退治してくれそうだね(-"-)/~~~ピシー!ピシー!

1000体の観音様は圧倒されそう(笑)

観音様の表情って慈悲が感じられるなぁ..
手が42手?何か特別な意味があるんだろうね(p_-)うーむw
Posted by 永遠の恋人 at 2008/10/16 15:38
永遠の恋人さん こんばんわ(*^▽^*)

見てくれたんや(^^)

観音様は一人一人 表情が違うんですよ(^^)

千手観音・・・
胸前で合掌する2本の手を除いた40本の手が、
それぞれ25の世界を救うものであり、
「25×40=1,000」であると説明されている。
ここで言う「25の世界」とは、仏教で言う
「三界二十五有(う)」のことで、天上界から
地獄まで25の世界があるという考えである。

ってWikipediaに書いてあったんやけど
うちには 難しい(^^;)

見てると単純に惚れ惚れする素晴らしさで
仏像には感動したよ(^^)
Posted by くるくるポンタ at 2008/10/17 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

絵文字
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。